中国武術雑記帳 by zigzagmax

当世中国武術事情、中国武術史、体育史やその周辺に関する極私的備忘録・妄想と頭の体操 ※2015年2月、はてなダイアリーより移行

2012蘭州国際武術交流大会

2010年4月に設立された蘭州通備武学研究会、確か公式ブログも立ち上がった割りには一向に更新されず、どんな活動をやっているのかわからなかったのだけれど、この7月に蘭州市の体育局、旅游局などが「2012蘭州国際武術交流大会」を開催するにあたり、「支持単位」のなかに名前が見える。

というか、主催機関の中にある蘭州通備武学培訓中心、蘭州通備文化伝播有限公司ってのは、いったい何なんだろう。

通備武術はとりわけ保守性が強いと思っていたのだけれど、蘭州あたりではちょっと事情が違うのだろうか。もともと、蘭州の系統は周建睿老師が数年前に教習用VCDを発表していたり、張飛鵬老師の動画も、you tubeあたりにごろごろしているけれど、比較的オープンな気がする。個人ブログの類も多い。

会社(公司)形式ということでは、河南陳氏太極拳文化交流有限公司などの例もあるようだけど、会社形態の導入が、武術の伝承にどういう変化をもたらすのか、もたらさないのか、今後の動向が気になる。少なくとも会社形態では利潤の追求や、組織の維持、発展のために、絶えず様々な事業、イベントを打ち出してゆかないといけなくなるはずだ。

蘭州通备文化传播有限公司のHP


張飛鵬(以下、めんどうなので敬称略)のお父さんは張鴻媒という人らしく、教え子の中には崔玉山という人がいるらしい。この崔氏は、一番好きな武侠映画・映画『黄河大侠』にもかかわっているらしいけれど詳細は調べてみないとわからない。

張飛虎のブログ