中国武術雑記帳 by zigzagmax

当世中国武術事情、中国武術史、体育史やその周辺に関する極私的備忘録・妄想と頭の体操 ※2015年2月、はてなダイアリーより移行

さまざまな普及のかたち

4月6日カメルーンで開催されたアフリカ武術フェスティバルについて、グーグルから流れてきたのは中国外交部の報道だった。

驻喀麦隆大使魏文华出席首届非洲武术节 — 中华人民共和国外交部

中国は駐カメルーン大使が開幕式で祝辞を述べるなどの力の入れようで、中国イメージの向上のために武術を使おうという意図が丸わかりだけれど、あとで探した動画を観る限り、中身は中国武術だけではなさそう。

 

www.youtube.com

 

ギリシャでは5月13日に梅花拳の大会が開催され、9か国からの参加者があったという。梅花拳って、ヨーロッパではそんなに人気があるのか?

www.chinanews.com

 

ラスベガスでは、5月12日、プロレスのリングに中国の選手が出てきて(ドラゴンゲートのCIMAも登場)、入場のパフォーマンスで刀術を披露したり、試合がはじまってからも八卦掌っぽい動きをしたと思うと、アクロバチックな技を出したり。中国武術の尊厳を守るために戦う、のだという。えっ?

www.uschinapress.com

www.twitch.tv

 

日本でも、欧米やオーストラリアでブームになっているという(ホントか?)「タイチエクササイズ」にならって、「太極拳をベースに、医学的なエビデンスに基づいて開発された運動メソッド「メディカルタイチ」」なるものが注目されているのだとか。

dime.jp

 

武術の普及のしかた、武術との向きあい方は人それぞれ。出会い方もそれぞれ。

 

ジャッキーチェンも宇宙人と戦う時代だから(これはこれで観てみたい)、なんでもかんでもひとひねりしないといけない時代なのかもしれないけれど、そんななかでも生活の一部として、余計なことを考えずに師匠や仲間と伝統の技を学び続けられるとしたら、それが一番の贅沢なことなのかもしれない。

 

www.youtube.com