中国武術雑記帳 by zigzagmax

当世中国武術事情、中国武術史、体育史やその周辺に関する極私的備忘録・妄想と頭の体操 ※2015年2月、はてなダイアリーより移行

タイタニック、太平輪の生存者と武術家の「水上功夫」?

イギリス人の映画監督、アーサー・ジョーンズが、タイタニック号の中国人生存者6人の行方を追ったドキュメンタリー「The Six」の予告編が公開されて話題になっている(らしい)。

tabi-labo.com

www.youtube.com

この記事を読んで、生存者のうち一人は武術の心得があったのではないかと書かれていた記事を見たことを思い出した。

 

culture.people.com.cn

 

上の中国語記事によると、その乗船者は、FangLangという名前のボイラー工で、救助されたときには板の上で凍えそうになっていたものの、心臓と四肢のマッサージで蘇生すると、「奇怪な動作」を何度か繰り返し、大きく一声叫ぶと、完全に回復して、自ら救助の列に加わっていったのだという。

記事の原文だと、次のとおり。

…1912年4月,當泰坦尼克號出航的時候,船上有八個中國人,並在海難中有六個人幸存。這六個人中最危險的是一個叫做FangLang的鍋爐工,他趴在一塊木板上被救起的時候已經凍僵。然而,就在幾個救援人員試圖通過按摩其心臟和四肢使其恢復的時候,他卻清醒過來,隨即“開始做一種奇怪的動作,用手去夠自己的腳,狀如折頁,反復幾次以后,他大叫一聲,竟然完全恢復過來”!

  恢復過來的Fanglang馬上主動要過一隻船槳,參加了搶救其他乘客的工作,被西方輿論稱為泰坦尼克號事件中最值得尊敬的中國人。

「奇怪な動作」は具体的には「用手去夠自己的腳,狀如折頁,反復幾次」で、紙を折りたたむように、手で自分の足を掴んで(「夠」は「鈎」の誤り?)折りたたむような動作を繰り返したのだろうか。記事は、上の引用に続けて、FangLangが行ったのは、南拳の中にある身体機能を回復するための功法で、八卦掌にも似たような功法がある、という、趙秋棠という武術家(不詳)のコメントを紹介している。

  映画を見ていないのでわからないけれど、ジョーンズ監督は、FangLangの子孫にたどり着けたのだろうか。

 

********

 中国版タイタニック事件といわれている太平輪号沈没事故の生存者の中にも武術家がいて、上の中国語の記事はそもそもその人を紹介する記事だけれど、その人とは八卦掌の盧鴻賓。本名を盧書魁、字を兆麟という滄州生まれの武術家で、父に形意拳を学んだあと、程有龍に八卦掌を学んでいる。1931年には天津の道徳武学社の設立にもかかわっているらしい。盧鴻賓については、米国人の弟子K.Williamssonの紹介に詳しい。

LU HONGBIN - Ba Gua Zhang, Xing Yi Quan

 

 太平輪号を救助したオーストラリアの駆逐艦に載っていたタスマニア出身の中尉の証言によると、太平輪号遭難で助かったとき、彼は6時間も真冬の太平洋を漂った末に、助けにきたこの駆逐艦の船舷に、スーツケースをもって自力でよじ登り、衣服も乱れていなかったのだという。記事原文は以下のとおり。

 

“來自塔斯馬尼亞蘭開斯特郡的G.F.斯潘塞·布朗中尉描述,有一名魁梧的中國人竟然是自己爬上驅逐艦的船舷的,而且整整齊齊地戴著他的帽子和眼鏡,提著自己的小皮箱。而此時他已經在水裡浸了六個小時!”

 

 もっとも同じ記事ではK.Williamssonが本人に確認した当時の状況も書かれているけれど、三等船室から海に放り出された彼は急いで流れてきた木片にしがみついて救助を待っていた、としか書かれていないので、特別な功法があったのか、なかったのかはわからないけれど、厳冬(事件が起きたのは1月の末)の海に放り出された彼が生き残ったのは紛れもない事実。

 

 会友鏢局の鏢師だった三皇炮捶の李堯臣は、鏢師の身につけるべき技能の一つとして、武芸十八般のほかに「水上的功夫」も必要だったといっている。陸路ではなく水路の荷物輸送を請け負った鏢師もいたと思われるので、もしかすると何かしら泳法のようなものはあったのかもしれない。

《真正的鏢師生活》李堯臣 @ 快活閑醉 :: 痞客邦 ::

 

この点について、中央国術館の張之江館長は、河川や海岸線で他国と接している中華民国において、水泳を発展させることは、単に体育の点からだけでなく、国防上からも重要として、訪日見聞録の中で、野球とあわせて水泳を発展させるべきだと述べているけれど、国術家のもつ泳法に注目したという話はきかないので、そのような水上功法は、たとえあったとしても伝わってはいないのだろう。

zigzagmax.hatenablog.com

 

 なお、台湾にわたった盧鴻賓(盧書魁)のほかに、もうひとり盧書魁と言う名前の八卦掌家がいて、河北省国術館や甘粛省国術館で教えたらしいけれど、両者は別人である由。以下の動画は、台湾にわたった、太平輪号事件の生存者の盧鴻賓その人。

 

www.youtube.com

 

未見だけれど、太平輪沈没事故については、2014年にジョン・ウーが映画化していて、金城武長澤まさみ黒木瞳も出演して、台湾ではそれなりにヒットしたらしい。日本ではDVD化もされておらず、完全にスルーされている模様。

 

www.youtube.com

 

***********

余談として、「水上功夫」といえば、なぜか泉州少林寺お家芸のようになっていて、ときどき水上歩行の記録が更新された、というニュースが流れてくるけれど、この芸の目指すところは、このメモに書いたようなこととはかなり違うのだろう。

 

www.youtube.com

 

 

 

2018年5月の高段位認定者

5月9日に、2018年の高段位認定が行われていた模様。 

中国武术协会关于批准周之华等26人晋升武术高段位的函-中国武术协会

 

9段と8段に認定されたのは以下の人たち。 

関連情報と動画をとりあえずメモ。

結構若い人もいるように見えるのは、地域ごとのバランスなんかを考慮しているのかな。

 

---------

2016、2017年およびそれ以前の高段位認定者についてのメモ

zigzagmax.hatenablog.com

 

-----------------

  一、 九 段(6人)
  首 体    周之华
  西 体    陈亚斌
  北体大    杨 丽
  天 津    张鸿骏
  上 体    刘同为
  北 京    王世泉
  二、八 段(20人)
  北 京    赵 铃 杜德平 邢登江 梅墨生
  河 北    翟维传 闫银龙
  山 西    布秉全
  辽 宁    刘和臣 齐贵春
  上 海    孙剑群
  安 徽    陈复强
  福 建    苏瀛汉
  山 东    贾世训
  湖 北    雷 杰
  重 庆    陈代玲
  武 体    马世坤
  成 体    冉学东
  西 体    姜 霞
  沈 体    曲润杰
  武术中心   肖志民

**********

陳亜斌

www.youtube.com

楊麗

v.qiye10000.com

 王世泉

www.youtube.com

 杜徳平

v.qq.com

 梅墨生

v.qq.com

 翟維伝

www.youtube.com

 布秉全

www.youtube.com

斉貴春

v.qiye10000.com

孫剣群【音声のみ】

十年砺剑,卓尔不群——孙剑群的武术情缘(上)_ERC中华武魂_国学-喜马拉雅FM

十年砺剑,卓尔不群——孙剑群的武术情缘(下)_ERC中华武魂_国学-喜马拉雅FM

陳復強

v.qiye10000.com

蘇瀛漢

www.youtube.com

 

ジャック・ジョンソン、陳漢強、日本武術視察団(1930)など

SNSシルベスター・スタローンが、黒人初のボクシングのヘビー級王者、ジャック・ジョンソンの映画を撮るというニュースが流れてきた。

 

theriver.jp

 

その後、しばらくして、ジャック・ジョンソンが戴冠したことは、人種差別に苦しむ当時のオーストラリアの華僑たちに希望を与えたという記事が流れてきた。当時の華字新聞の一面に取り上げられたらしい。

 

thediplomat.com

 

広東出身でオーストラリアに渡った陳漢強がボクシングで全奥チャンピオン(羽量級と言うのはフェザー級のこと?)になったのも、そういう現地華人のボクシングに対する認識の中で考えると面白い。その陳漢強が20年代に上海にきて精武体育会でボクシングを教えたことは以前にメモした。

 

zigzagmax.hatenablog.com

 

1930年、中央国術館が日本に武術視察団を派遣しているけれど、唐豪による報告書の筆頭にでてくるのは柔道でも剣道でもなく拳撃(ボクシング)で、ボクシングの歴史から日本における普及の状況までかなり詳細に取り上げられている。

 

〇ネットでひろった「統一国術月刊」1934年第1巻第1期より

ボクシングに続いて、相撲、柔道が紹介されている。続く第2期で剣道についての紹介がある。その後も、刺槍、弓道、唐手術、護身術と続いているはずだけれど、現在のところ入手できたのはその二つのみ。

f:id:zigzagmax:20180610110515p:plain 

f:id:zigzagmax:20180610184343p:plain

 

 〇ジャック・ジョンソンのドキュメンタリー

 スタローン監督の映画も完成したら観てみたい。

www.youtube.com

自貢の塩、杜心五、藤黒子など

清代から盛んになる四川省における塩田開発のことを以前にメモしたけれど、杜心五の伝記(賀懋華『大侠杜心五伝奇』)を読んでいたら、彼が最初に保鏢を務めるのは、九溪の富商・郝剣鳴が四川省に私塩の買い付けにゆく際に依頼を受けてのことだと書かれていた。同書によると、杜心五は、湘西では塩がとれず、ひとびとは便所で便器にたまる「尿碱」を削って煮詰めて硝塩を作って代用しているのをしのびなく思っており、母親の反対を押し切ってこの同行を引き受けたのだという(注)。

依頼者の郝剣鳴は幇会のメンバーでもあり、杜心五はこの旅の途中で郝を紹介者として洪門の一員になっている。買い付けの目的地は、「自貢市」で、途中、奇しくも「自貢」の塩商「王七老爺」の息子の王锦棠とその妹が賊に絡まれているところを救い、自貢に到着後は二人の紹介もあり、スムーズに塩の入手に成功、帰路も王氏の「王積善堂」の旗印を掲げて、四川省内の移動をスムーズに進める。(湖南省にはいったところで、ひと騒動があり、賊の首をはね、賊の砦を焼き払っている。)

自貢の洪門のボス・劉舵把主が実は杜心五の父親・杜佳珍(清軍の督司、1859年に大沾口で英仏の連合軍との闘いに参加していたという)のかつての部下で清軍で千総を務めた人物であったなどとされる。

 このあたり、すべて事実であるならとても興味深いのだけれど、全般的に小説的な誇張も多いような気がして、どこまで信頼してよいのかはよくわからない。この四川省への旅と幇会への入会は同書によれば1883年(光緒九年)から1884年にかけてのことだけれど、そもそも自貢市というのは、自流井と貢井という2つの古い町が1939年に合併して、頭文字をとって「自貢」という名になったはずなので、このときにはまだ「自貢」という地名はないはず。それはよいとしても、この四川行きの当時、杜心五はまだ14歳から15歳のはずで、実際に本にもそのとおり書かれているのだけれど、14,5歳の少年が、その腕前を見込まれて密輸商人の買い付けの護送をつとめて、賊の首をはねてその賊の砦を焼き払うなんてことが、本当にありえるんだろうか。(この一回の旅だけで、ほかにも賊や官兵との遭遇が何度もある。)

まだ1割ぐらいしか読み終わっていないけれど、ちょっといやな予感がしてきた。(途中で読むのをやめてしまった李堯臣の伝記と同じ感じがする。)

 

気をとりなおして、改めて『少林拳術秘訣』を見てみると、第十章で紹介される3人の「道咸以来南方の」技撃家3名のうち、三原の高氏と知り合う李鏡源は湖北省夏口の人で父が材木商を営む人物で、沔陽を訪れた際に、技撃家でありながら沔では煙商として知られていた高氏の教えを受けたあと、高氏の紹介によって三原の某寺でさらに研鑽を重ねる。

二人目の藤黒子は湘(湖南)・麻陽の人で、操舟業を営んでいる。腕のたつ任侠はだの人らしく材木の輸送をめぐる湖南人と四川人の対立を仲介するエピソードが紹介されている。

三人目の胡氏は黔(貴州)・黎平の人で、胡氏は商業を営む裕福な家庭の出身とされている。

いずれも華中から内陸部への商業の担い手であることがわかって興味深い。同書に出てくるほかの例では、安徽・浙江派の張松溪が出会う江西派の名人である熊氏は、青年時、商いに従事して四川・陝西間を歩き、漢中で一人の道士と出会い弟子になったともいう。

胡氏にまつわるエピソードの中には、四川の塩商が入門を希望してきたのに対し、人格に問題ありとみた胡氏が入門を拒否したというものもあることにも気づく。

 杜心五の伝記をこれから気長に読み進めながら、この時代のこの地域の出来事を、もう少し深掘りしてみたい。

 

(注)

便所でバクテリアアンモニアを分解すると硝酸ができる働きは、火薬の原料としての硝石の国産化でも利用されていたらしい。以下のようなサイトが参考になる。これはこれで面白いテーマになりそう。

火薬と鉄砲の日本史

 

〇『大侠杜心五伝奇』の書評 キンドル版をアマゾンで購入できる

www.hnread.com

 

〇酒井忠夫『中国民衆と秘密結社』より、清末期の四川省および周辺地域の地図

 左側のページに(右から)自流井、貢井とあるのが現在の自貢市。

f:id:zigzagmax:20180603215051j:plain

 

清代の人口増加の武術への影響 過去メモから

以前にもメモしたけれど、陳舜臣の小説『阿片戦争』にはイギリスとの戦争に備えて組織された自警団やそれを指導する武術家が登場するけれど、自警団が組織されるのはイギリスとの対抗というよりも、急激な人口増加と流動人口の増加による治安の悪化に対処するため、という観点が示されていた。

 

zigzagmax.hatenablog.com

 

この当時の人口増加のすさまじさは、岡本隆司『中国近代史』のグラフをみると一目瞭然だ。

出典:岡本隆司『中国近代史』P.34

f:id:zigzagmax:20180527194901p:plain

 

zigzagmax.hatenablog.com

  

ちなみに、この清代の人口増加を説明できる学説はなく、中国史上のナゾとされているとのこと。(加藤徹「中国の人口の歴史」)

http://www.geocities.jp/cato1963/jinkou996.html

 

 

この時期、治安を悪化させた匪賊と、これら匪賊から村を守るグループの双方に、腕に覚えのある(武術のできる)人材が含まれていたと思われるけれど、その一部は、おりからの四川への移住奨励や同地における流通経済発展の中で、華中地域を経て、四川に移住していった人々の中にも含まれていただろう。そしてその過程で、華中地域や四川省に「外来拳種」として、広東や福建の武術をもたらしたと思われる。一部には太平天国軍に流れたものもあるだろう。

管見の限り、武術研究のなかでこういう点に着目したものはあまり見当たらないけれど(注)、結社研究の領域では早くからこうした点が注意されているように思わる。今回、理由があって改めて酒井忠夫『中国民衆と秘密結社』(平成4年の出版)を読みなおして、そのことを痛感した。

 武術研究以外の領域の研究成果から学べることはとても多い。

もっと時間がほしいなあ。

 

zigzagmax.hatenablog.com

 

(注)

移民と武術の伝播というテーマでは、たとえば

(1)近代の東北地方への山東や河北からの移民

www.360doc.com

 

(2)山西の大槐樹から陳家溝への移民

人口迁移与武术传播 - 其他文化 - 中华武术网

などが思い浮かび、それぞれに研究もされている。

 

 2018.6.6追記

加藤徹「中国の人口の歴史」についての一文とリンクを追加

さまざまな普及のかたち

4月6日カメルーンで開催されたアフリカ武術フェスティバルについて、グーグルから流れてきたのは中国外交部の報道だった。

驻喀麦隆大使魏文华出席首届非洲武术节 — 中华人民共和国外交部

中国は駐カメルーン大使が開幕式で祝辞を述べるなどの力の入れようで、中国イメージの向上のために武術を使おうという意図が丸わかりだけれど、あとで探した動画を観る限り、中身は中国武術だけではなさそう。

 

www.youtube.com

 

ギリシャでは5月13日に梅花拳の大会が開催され、9か国からの参加者があったという。梅花拳って、ヨーロッパではそんなに人気があるのか?

www.chinanews.com

 

ラスベガスでは、5月12日、プロレスのリングに中国の選手が出てきて(ドラゴンゲートのCIMAも登場)、入場のパフォーマンスで刀術を披露したり、試合がはじまってからも八卦掌っぽい動きをしたと思うと、アクロバチックな技を出したり。中国武術の尊厳を守るために戦う、のだという。えっ?

www.uschinapress.com

www.twitch.tv

 

日本でも、欧米やオーストラリアでブームになっているという(ホントか?)「タイチエクササイズ」にならって、「太極拳をベースに、医学的なエビデンスに基づいて開発された運動メソッド「メディカルタイチ」」なるものが注目されているのだとか。

dime.jp

 

武術の普及のしかた、武術との向きあい方は人それぞれ。出会い方もそれぞれ。

 

ジャッキーチェンも宇宙人と戦う時代だから(これはこれで観てみたい)、なんでもかんでもひとひねりしないといけない時代なのかもしれないけれど、そんななかでも生活の一部として、余計なことを考えずに師匠や仲間と伝統の技を学び続けられるとしたら、それが一番の贅沢なことなのかもしれない。

 

www.youtube.com

 

楊祥全「洪洞通背拳:失传的太极长拳―兼论太极拳研究的一个可能路径」

紅拳について調べていて、たまたまヒットした論文。

全文は以下のリンク先に。

洪洞通背拳:失传的太极长拳―兼论太极拳研究的一个可能路径_学术论文网

作者の楊祥全は、洪洞通背拳についての技術解説書も出しているけれど、そちらは未入手。

 

初出は《搏击· 武术科学》2013 年第04 期らしい。全体は5つの部分に分かれており、各パートのタイトルと、要点を以下にメモ。

漢中の紅拳が四川に伝わって峨眉趙門になったことについては以前にメモしたけれど、この論文の5.の部分を読むと、そもそも明代に流行していた太祖長拳が地方によっては紅拳と呼ばれることもあったということで、四川省ではそれを逆にして古式ゆかしい名前を採用したということなのかもしれない。

この論文がいうように、陳家溝の武術はその多くを戚継光の32勢拳法から採用しており、戚継光の拳法はその多くを太祖長拳から採用している、という推論が正しいのかどうかわからないけれど、一つの説として注目しておきたい。

 

1.「長拳」の由来と基本的な含意

 “长拳”与“短拳”相对,清人王宗岳在《太极拳释名》时认为:“长拳者,如长江大海,滔滔不绝也。”民国时期,候敬舆、吴志清与异军认为:“编拳谱与作文同。文章必有起承转合,始成篇法,又必集字以成句,集句以成章。国术亦然,如大小洪拳、查拳、六合、太极等,均系成套成路之拳,似文章之整篇;又如弹腿、形意等,似文章集字集句之意义。所以长拳炼章法,短拳习应用。而且长拳每依局势行拳,假设四方八面,俨若有敌袭击窥隙之势,据情演成一套之拳路,以应四方八面之敌,亦即文法中之起承转合即武术之进退攻守也”

 

  新中国成立后,武术被纳入体育范畴。为竞赛和武术普及、发展的需要,国家体委组织部分专家在查拳、华拳、少林拳等北方传统武术流派的基础上创编了新的“长拳”系列套路(长拳、刀、枪、剑、棍),且随后形成了以长拳、南拳、太极拳为主要内容的竞赛体系。这里的“长拳”虽借鉴了原来的名称,但基本意蕴已大相径庭,是为现代长拳。 

 

2.洪洞通背拳と陳式太極拳はともに「纏」法を重んじる

洪洞通背拳与陈式太极拳均突出一个“缠”字,洪洞通背拳之“缠”法与陈式太极拳“缠丝劲”的练习方法具有异曲同工之妙。这表明二者在技法、技理上存有某种内在的联系。

3.洪洞通背拳の『拳経総論』、拳譜と陳式太極拳の『拳経総歌』、拳譜の高度な一致

 樊一魁の『忠義拳図合編』(1936)に見られる洪洞通背拳の「九拝子」拳譜と、唐豪の『行健斎随筆』に紹介の、陳式太極拳長拳譜」(陳家溝で陳省三から得たもの)の比較

如果说洪洞通背拳《拳经总论》与陈式太极拳《拳经总歌》的大同小异开始引导我们思考两拳种之间关系的话,那么洪洞通背拳“九排子”拳谱和陈式太极拳长拳谱的大同小异,则使我们不得不怀疑两者是否就是同一个拳种。

4.洪洞通背拳の郭永福祖師と陳家溝陳氏家族の一方ならぬ関係

通过田野调查,我们发现,洪洞通背拳的首传者郭永福极有可能就是陈家沟陈氏后裔陈有孚。 

 5.太極拳研究は太祖長拳、洪洞通背拳、戚継光32勢拳法、内家拳等の関係する拳種に注目すべき

  戚继光32势拳法主要来源于如下两个方面:
  (1)戚继光以前就已闻名的拳法4家:宋太祖三十二势长拳、六步拳、猴拳、囵拳。
  (2)戚继光当时知名的拳法12家:温家七十二行拳、三十六合锁、二十四弃探马、八闪番、十二短、吕红八下、绵张短打、李半天之腿、鹰爪王之拿、千跌张之跌、张伯敬之打、巴子拳。
  陈王廷在创编太极拳时,“采取戚继光《拳经》二十九个势编入长拳,采取十三个势编入十三势,采取戚继光《拳经》的理论和歌诀编入《拳经总歌》和《长拳谱》。”可惜的是,目前戚继光所罗列16家拳法的具体内容已多不可知。考虑到太祖长拳在明代武术界的地位并结合作者所习学的太祖长拳技法,本文认为:戚继光32势拳法主要取材于太祖长拳。

 

 其次,陈式太极拳里的太祖长拳痕迹
  太祖长拳,又名三十二势长拳、长拳、宋太祖拳、太祖拳、赵家拳、赵门、太祖门,有的地方(如山东郓城)认为红拳、洪拳与太祖长拳没有什么两样,两者名异而实同。另外,有人认为炮捶(又称赵门炮拳),亦与赵匡胤有关。
  据记载,陈王廷所创编的“陈式太极拳体系”共7个徒手套路,其中1-5套为十三势、第六套为炮捶、第七套为长拳。单从名称上来看,“陈式太极拳技术体系”中的“长拳”、“炮捶”均与太祖长拳有关。此外,特别需要引起我们注意的是“陈式太极拳”的第三套又名“大四套捶”,而第四套又名“红拳”,此拳谱更是与赵匡胤有极大的关系:
  太祖立势高强,丢下斜行鬼也忙。上十堂打金鸡独立,刀对校死在当场。懒扎衣往里就采,护心拳盖世无双。喝一声小擒休走,一条鞭打进不忙。滚替脚眼前遮过,抓面脚死在胸膛。上三路,打黄鹰拿膝。下三路,抓神沙使在脸上。即便抬腿,转随腰还,二龙戏珠,赛过神枪。跟子就起,忙把头藏。雀地龙按下急三锤,打进着忙。上一步,打蛟龙出水。下一步,打正应情庄。骑马势,转步吊打。虎抱头,去时难防。要知此拳出何处,名为太祖下南唐。