中国武術雑記帳 by zigzagmax

当世中国武術事情、中国武術史、体育史やその周辺に関する極私的備忘録・妄想と頭の体操 ※2015年2月、はてなダイアリーより移行

井上靖「壷」、全国武術運動会の新種目など(フォローアップ系小ネタ)

いくつか、過去のメモとの関係がありそうなフォローアップ系の小ネタをまとめてメモ。

 

 1.井上靖「壷」

 老舎の短編「断魂槍」との関連で、老舎が来日した際に語った話をもとに井上靖が書いたエッセイ「壺」をずっと読みたいと思っていたのだけれど、まさに灯台もと暗し、地元の図書館の『井上靖全集』に入っているとわかり、さっそく確認に行った。

 結論的には、井上靖は老舎その人を「壺を抱いて飛び降りた」「壺を砕いて死んだ」と記しているものの、来日時に披露された壺の話自体を、「さして深い意味を持った話ではなく、その場限りの笑い話として受け取っていいもの」、「座興として」披露されただけの「中国の笑い話」と捉えており、広津和郎が「わたしの国では、いい壺や皿だったら、決して割ることはしない。あすは城が落ち、自分も死ななければならないと知ったら、自分の持っている名品名器を、たとい敵であっても、相手方に渡していますよ。実際にそういう武将がありました」と食いついたのを、「妙にむきになって」の、広津らしい「野暮と言うか、案外融通のきかぬ一面」と評価している。広津和郎に質問された老舎は「その武将はいつの時代の、どういう人であるか」と質問しており、もしかしたら本気でその事例を調べようとしたのではないかとも思われるけれど、井上靖はこの質問についても、老舎が「話の中心を他に移」したかのように受け止めた。

 総じて、井上靖にとっては、老舎の壷の話はそこまで印象深い話ではなかったようで、その点ではこの話に食いついた広津和郎のほうが一枚上手な気がした。

 

 

 新ためて調べてみると、老舎について、いろいろな論文を書かれている八戸工業大学の渡辺武秀先生の論文「 老舎『蛤藻集』の「悲劇」について 一消えゆく「伝統」一」はこの問題についての「断魂槍」以外の作品も挙げて論じており、参考になる。

 

zigzagmax.hatenablog.com

 

2.全国武術運動大会の「太極八法五法」と「功夫

 天津で開催されていた 第三届全国武術運動大会には、新たに「太極八法五歩」と「功夫」なる競技種目が登場したらしい。詳細はよくわらかないけれど、動画を見る限り「太極八法五歩」は、日本でよく見られる集体演武っぽい気がする。他方、「功夫」は、グラウンドの展開も含む総合格闘競技のよう。

 

www.kaixian.tv

3g.163.com

zigzagmax.hatenablog.com

 

zigzagmax.hatenablog.com

 

3.鄒平の郷村建設研究院

 中国の画像サイトで、山東の郷村建設研究院の写真と、1933年に鄒平実験区で開かれた郷村建設検討会の集合写真などがあった。鄒平ということで、もしかしたら天津中華武士会の設立にもかかわった葉雲表が写っていないかと思ったけれど、よくわからない。はじめて見た、梁漱溟その人の練功風景らしい写真とあわせてメモ。

 

〇郷村建設研究院

出典:梁漱溟影像(页 1) - 图说历史|国内 - 华声论坛 -- 无图精简版

〇1933年の郷村建設検討会

 出典:梁漱溟影像(页 1) - 图说历史|国内 - 华声论坛 -- 无图精简版

f:id:zigzagmax:20181008210847p:plain

 

〇「 山东乡村建设研究院训练部自卫组师生合影」

出典:【钱理群谈乡村建设】读梁漱溟 - 工农之声 - 红色头条

f:id:zigzagmax:20181008231849p:plain

〇「霍家坡乡农学校国术竞赛」

出典:【钱理群谈乡村建设】读梁漱溟 - 工农之声 - 红色头条

f:id:zigzagmax:20181008231957p:plain

〇梁漱溟の練功風景 なにをやっているんだろう

 出典:http://www.chinamozi.net/bencandy.php?fid=89&id=3116

f:id:zigzagmax:20181008210539p:plain

 

zigzagmax.hatenablog.com

 

4.バンクーバーで少林文化中心設立

 特にコメントはないけれど、備忘録として。

www.facebook.com