中国武術雑記帳 by zigzagmax

当世中国武術事情、中国武術史、体育史やその周辺に関する極私的備忘録・妄想と頭の体操 ※2015年2月、はてなダイアリーより移行

清代の人口増加の武術への影響 過去メモから

以前にもメモしたけれど、陳舜臣の小説『阿片戦争』にはイギリスとの戦争に備えて組織された自警団やそれを指導する武術家が登場するけれど、自警団が組織されるのはイギリスとの対抗というよりも、急激な人口増加と流動人口の増加による治安の悪化に対処するため、という観点が示されていた。

 

zigzagmax.hatenablog.com

 

この当時の人口増加のすさまじさは、岡本隆司『中国近代史』のグラフをみると一目瞭然だ。

出典:岡本隆司『中国近代史』P.34

f:id:zigzagmax:20180527194901p:plain

 

zigzagmax.hatenablog.com

  

ちなみに、この清代の人口増加を説明できる学説はなく、中国史上のナゾとされているとのこと。(加藤徹「中国の人口の歴史」)

http://www.geocities.jp/cato1963/jinkou996.html

 

 

この時期、治安を悪化させた匪賊と、これら匪賊から村を守るグループの双方に、腕に覚えのある(武術のできる)人材が含まれていたと思われるけれど、その一部は、おりからの四川への移住奨励や同地における流通経済発展の中で、華中地域を経て、四川に移住していった人々の中にも含まれていただろう。そしてその過程で、華中地域や四川省に「外来拳種」として、広東や福建の武術をもたらしたと思われる。一部には太平天国軍に流れたものもあるだろう。

管見の限り、武術研究のなかでこういう点に着目したものはあまり見当たらないけれど(注)、結社研究の領域では早くからこうした点が注意されているように思わる。今回、理由があって改めて酒井忠夫『中国民衆と秘密結社』(平成4年の出版)を読みなおして、そのことを痛感した。

 武術研究以外の領域の研究成果から学べることはとても多い。

もっと時間がほしいなあ。

 

zigzagmax.hatenablog.com

 

(注)

移民と武術の伝播というテーマでは、たとえば

(1)近代の東北地方への山東や河北からの移民

www.360doc.com

 

(2)山西の大槐樹から陳家溝への移民

人口迁移与武术传播 - 其他文化 - 中华武术网

などが思い浮かび、それぞれに研究もされている。

 

 2018.6.6追記

加藤徹「中国の人口の歴史」についての一文とリンクを追加