読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国武術雑記帳 by zigzagmax

当世中国武術事情、中国武術史、体育史やその周辺に関する極私的備忘録・妄想と頭の体操 ※2015年2月、はてなダイアリーより移行

広東省の省級非物質文化遺産

広東省で非物質文化遺産の第4次リストの代表的継承者が「公示」され、省内の9つの武術団体が、詠春拳の代表的継承者の人選について異議を唱えたという、8月27日付けの南方都市報の記事。ちょっとわかりにくいけれど、第4次リストはすでに2013年11月には公開されていて、その拡張項目(拡展項目)の中に詠春拳の2派(仏山、葉問宗支)も含まれているけれど、公的支援を行なうための「代表的継承者」の認定作業が続いているということなのだろうか。

記事によると、仏山詠春拳の代表的継承者として郭偉湛、葉問宗支の代表的継承者として葉準の名前が挙げられたことに対して、「歴史および現状にそぐわない」として関係団体から反対の声が出ているのだという。郭偉湛については、葉問の一派であって、仏山の詠春拳の代表者とはいえないということ、葉準については早くに香港に移住しており、仏山における継承に特段の貢献がないこと、また記者自身のコメントとして、自分が取材したときに、葉準も「自分の師は父ではなくて、阮姓の師匠」であると語ったことを挙げている(注)。

第一次から第五次まで、省の非物質文化遺産として登録された武術は以下のとおり。江門市の蔡李仏拳は、これとは別に2008年に国家級非物質文化遺産にも認定されている。それほど後継者不足は深刻な状況なんだろうか。
 
第一次リスト(公文書附属リスト個人のブログから)2006年5月
武術該当項目なし

第二次リスト2007年6月
 蔡李仏拳 (江門市新会区)
 詠春拳  (江門市鶴山区)

第三次リスト2009年10月
 龍形拳 (恵州市恵城区)
 莫家拳 (東莞死橋頭鎮)
 南枝拳 (掲陽市榕城区)

第四次リスト2012年2月
 蔡李仏拳(仏山、広州北勝蔡李仏拳) (仏山市、広東省武術協会)
 詠春拳(仏山、葉問宗支) (仏山市、仏山市南海区)

第五次リスト2013年11月
 李家拳(恵家李家拳)
 洪拳(湛江洪拳)

(注)
この記事だけではわからなかったけれど、あとから張雪蓮『仏山精武体育会』(広東人民出版社)を見たら、仏山には「阮済雲、阮奇山家族」(P.29)という「阮姓」の詠春拳を伝える人たちがいるようだ。 なお、張雪蓮は羅嘯璈『精武粤伝』を引きつつ、広東精武会の早期会員で、仏山精武会の成立セレモニーで演武を行なったあと、精武会の記録には出てこなくなってしまう仏山の「阮氏家塾」のことを挙げている。「阮氏家塾」と阮済雲、阮奇山家族との関係の解明は今後の課題、だという。

咏春非遗传承人公示 九武术团体联名反对
来源:南方都市报 2014年08月27日 星期三

南都讯 记者黄文冠 实习生 黄靖芳 广东省第四批省级非物质文化遗产项目代表性传承人周一公示结束,南都记者获悉,省内有9家武术团体对咏春传承人人选联名反对。省文化厅工作人员表示,需组织专家审议后才能确定反对是否有效。
第四批省级非物质文化遗产项目代表性传承人本月5日开始公示,佛山在武术方面申报了三人,分别是咏春拳(佛山)郭伟湛、咏春拳(叶问宗支)叶准、蔡李佛拳(佛山)梁伟永。本月15日,省武术协会咏春拳专业委员会、筯城市咏春拳协会、从化市武术协会、中山小榄咏春拳协会等9个团体联合向省文化厅对郭伟湛和叶准作为项目的传承人提出“历史状况及现实状况完全不相符”的异议。
省武协咏春拳会认为,咏春拳有多个宗支,每个宗支特点不一,郭伟湛是叶问徒孙,属叶问宗支,不能代表其他宗支;而叶准是香港人,很早就离开佛山,对佛山本地并没多大建树。郭伟湛本月25日表示,佛山推举他作为咏春项目非遗传承人,经过层层筛选,与多家武馆资料进行了比较。由于叶准目前并不居住在佛山,昨日南都记者没有联系到他。不过叶准今年2月接受采访时曾公开表示,“他的开拳老师姓阮,而非父亲叶问。”
就9家武术团体提出的异议,南都记者以佛山武术界人士身份求证省文化厅。省文化厅工作人员表示,公示期间内收集到的支持或反对意见,都会组织专家审议,佛山申报的咏春项目代表性传承人能否通过,需审议后才知。该工作人员还表示,非遗项目代表性传承人和非遗项目不同,省非遗咏春项目代表性传承人虽然存在争议,但不影响佛山此前提出将咏春拳申报为国家非遗项目。

http://epaper.nandu.com/epaper/A/html/2014-08/27/content_3303256.htm?div=-1