中国武術雑記帳 by zigzagmax

当世中国武術事情、中国武術史、体育史やその周辺に関する極私的備忘録・妄想と頭の体操 ※2015年2月、はてなダイアリーより移行

武術学校の現在2

武術網の記事。今年9月の新学期までに、安徽省合肥市では、最大20数校あった武術学校のほんどが閉校することになるという。

これらの武術学校の多くは、90年代前後に作られたという。

閉校の理由として記事が取り上げているのは一人っ子政策により子供の数が減っていることと、卒業後の就職先が限られること。

  武术网消息 据中国之声《全国新闻联播》报道,截止今年9月初开学季,合肥20多所武校几乎全部关门,曾经风靡大江南北的武校遭遇了倒闭潮。记者今天拔打合肥当地最为有名的“神行太保”武术学校电话,已经无法接通,原校址也变成一所私立中学的办学场所。
  据业内人士介绍,练武风气最盛的上世纪90年代前后,合肥周边有20多所武校,其中一大批早已关门。合肥陈氏太极拳馆馆长倪世清表示,首先是生源不足制约了武校的发展,现在随着独生子女越来越多,很多父母并不愿意把唯一的孩子送到武校学习:
  倪世清:随着现在生活水平的提高,大家光练武没有文化不行,不读书更不行,因为那些学校大部分是以练武为主。
  其次,就业不宽也影响武术学校招生。
  倪世清:很多人练了几年的拳术去当保安,最后改行的还多,光学拳转化不了生产力,没有用武之地。
http://www.wushuw.com/wushu-article-25719-1.html