中国武術雑記帳 by zigzagmax

当世中国武術事情、中国武術史、体育史やその周辺に関する極私的備忘録・妄想と頭の体操 ※2015年2月、はてなダイアリーより移行

劉杞栄老師と太空門

太空拳というのは、湖南省の劉杞栄と言う人が創ったものらしい。
劉氏は湖南省体委の初代武術教練で政協委員、かつては抗日第五戦区幹部訓練団などで武術を終えいえていたらしく、太空拳は劉氏が太極拳形意拳八卦掌通臂拳、摔跤、搏撃等のエッセンスを集めて創ったものだという。それぞれ、どういう系統なのかは現時点ではよくわからないけれど、劉氏は賀新一に南派少林拳棍を学んだこと、湖南国術訓練所、南京国立国術体育師範専科学校で学んだあと、長沙の「棍王」範(范)志桂に棍術を学び、40年代には劉百川に子母鴛鴦連環腿を学んだと紹介されている

劉氏86歳の太空子午棍の演武の動画がある。

伝承者としては李学文という人がいるようだ。百度の紹介によると、李氏は湯秋蓮という人に師事したようだ。湯氏については、太空拳の関門弟子だと紹介されている。写真で見ると湯氏より李氏のほうが年上のように見えなくもないが、李氏は第三代にあたるらしい。

李氏については、動画もたくさん公開されている。

李氏の太空門(国際)武術研究会のHP

kknews.cc

2017.8.23
毎日頭條の「劉杞榮:一門太空拳 「武」出精彩人生」のリンクを追加