読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国武術雑記帳 by zigzagmax

当世中国武術事情、中国武術史、体育史やその周辺に関する極私的備忘録・妄想と頭の体操 ※2015年2月、はてなダイアリーより移行

李想白「支那に於ける「國術」の流派に就て 」など 国会図書館デジタルコレクション2

先日、国会図書館のデジタルコレクションを調べたとき、あまり意識していなかったけれど、検索範囲が「インターネット公開」となっていたようで、検索範囲を、「図書館送信資料」に広げて検索してみたら、違うものがヒットした。個人PCではアクセスできない…

内家とか外家とか

武術の「常識」といわれていることも、いろいろ遡って考えると、実はよくわからないことも多い。 中国武術は内家拳と外家拳に大別されるという考え方も、その一つのような気がする。 以下の動画は、そもそもどういう目的で作られたものか、よくわからないけ…

十大镖局、大刀王五など

全球功夫網に掲載された、中国十大鏢局という記事をもとにメモ。 十大鏢局といいながら、詳しく取り上げているのは、興隆鏢局(「神拳」こと張黒五)、会友鏢局(三皇炮捶)、成興鏢局(李冠銘、李鳳崗、李慶臨)、広盛鏢局(こちらも「神拳」こと戴二閭)の…

李仲軒口述 徐皓峰整理『逝去的武林』

前回『倭寇的踪跡』についてメモしたとき、『逝去的武林』について触れ、一年ほど前に以下のメモをしていたことを思い出した。 ずっと「下書き」のまま放置していたけれど、これを機会に一部内容を見直して公開。 なお、徐氏は、徐浩峰が本名で徐皓峰はペン…

温家武術

明代の武術著作に名前の出てくる温家武術、中国のブロガー「剛呂綿章」氏は、その伝承は途絶えていないとし、またその技は現代の形意拳や戳脚、翻子拳に繋がる部分があると書いている(「明代温家拳术浅说」)。 これとの関係で、北京の戳脚翻子門の人たちが…

済南形意拳

山東省済南師範天橋付属学校で、山東省、済南市の無形文化遺産である「済南形意拳」を取り入れることになったという記事。小学校中学年で試験的に、毎週2回のクラスを行うらしい。武術普及の拠点として「学校」が注目されているけれど、中央・官方は、「標準…

山西太谷非物质文化遗产形意拳走进中小学课堂

太谷県で、省の「非物質文化遺産」である形意拳を小中学校に導入するというお話。 山西太谷非物质文化遗产形意拳走进中小学课堂来源:全球功夫网 编辑:王强 日期:2011年06月21日太谷县教育局明年将在全县100多所中小学校中推广山西省非物质文化遗产形意…